練馬区・石神井公園駅徒歩10分の、髪と肌をトータルケアする美容室

HAIR & FACE SALON  Calm/ease

電子トリートメント・天然ヘナ(ハナヘナ) 取扱店/フレンチカットグラン・マダムクリニックカット®認定店
特許増毛協会認定店 / ヘアドネーション「つな髪」認定サポート店

営業時間【完全予約制】
  9:00〜19:00
※火曜日定休(その他休日あり)
【定休日のお知らせ】

ご予約・お問合せはこちらからどうぞ

03-5936-9219

電子トリートメントとは?

日本全体で1%の美容室しか導入していない、希少な「電子トリートメント(M-3.5)」についてご紹介いたします。

まずは下記の動画をご覧ください。

電子トリートメント「M-3.5」

『M-3.5』は、海水から抽出したミネラルのうち、マイナスの電荷を持つものを集めたものと、植物から抽出したミネラルが主原料です。

アミノ酸よりももっと小さい電子のレベルで作用することによって髪と肌(角質層)の内部にしっかり浸透しみずみずしくなります。
スキンケアにもヘアケアにもお使いいただけます。

M-3.5は髪の内部から補修します。

傷んだ髪の内部は酸化して
プラスの電位に傾いています。

電子トリートメントは、従来のトリートメントでいわれる「有用成分を髪の内に入れ、髪を補正する」のではなく、「髪の中にある元々あるタンパク質に水分を補給して、健康な状態に近づける」というものです。

髪が傷んでいる状態とは、空気や熱、紫外線などによって髪が「酸化」している状態です。

髪が酸化するとだんだんダメージが大きくなり、髪の中のタンパク質は水分を失ってしまいます。必要な水分を失ってしまったタンパク質は、ガチガチに固まってしまいます。

例えるなら、水で戻す前の高野豆腐みたいなものです。                     この硬くなってしまったタンパク質に水分を補給し、ケアするのがM-3.5です。

なぜ「M-3.5」で水分が補給できるのか?

電子トリートメントに大量に含まれるマイナスイオンの力で水分とミネラルを髪の内部へ導きうるおいを与えます。

それは「M-3.5」が多量の電子を持っているからです。傷んだ髪の内部は、酸化によりマイナスの電子を失いプラスの電位に傾いています。

M-3.5は多量の電子を持っているので、M-3.5を髪にスプレーすると髪の内と外で電子の量に差が生まれます。

この電子の量を平衡にしようと、髪の内部にM-3.5の電子が移動し、一緒に水分が髪の内部に入り、傷んで乾燥したタンパク質に水分が補給されます。

水分が補給されると髪が膨潤し太くなります。これにより髪のツヤが良くなり、キューティクルも整うので手触りも良くなります。

電子トリートメント「P-3.4」

「P-3.4」とは海水から抽出したミネラルのうち、プラスの電荷を持つものを集めたものが主原料です。

「M-3.5」によって髪のタンパク質に水分が十分に供給され一番安定している状態を「P-3.4]が保つ働きがあります。このため髪がいつまでも良い状態をキープできます。

酸化と還元

時間の経過と共に何が変わるのか?

それはすべてのものは「酸化」しているということなんです。

酸化とは金属でいえば「さびる」ことです。       生物でいうと「老化」するということです。

人間の身体で例えると酸化するということは身体に害を与えやすい「活性酸素」により、シミ・シワ等の肌トラブルを引き起こします。

 

酸化とは反対に電子を供給する化学変化のことを「還元」といいます。体内の還元作用がすすめば新陳代謝が活発になり身体の生命力も増し、健康体になります。

つまり身体のサビを除去するには還元力のあるものを摂取する必要があります。

この電子を供給できるのが                     電子トリートメント「M-3.5」です。

電子を供給するということは、携帯電話を充電するみたいに毎日髪やお肌に電子をチャージするイメージです。

電子は毎日使われます。紫外線、呼吸、タバコ、ドライヤーの熱など、色々な酸化要因がありますので電子は日々失われていきます。シミ・シワ・髪のパサツキなどは電子不足により起こります。

老化によってバッテリーにあたるもの(遺伝子など)が日々劣化していきますので、電子を毎日満タンにすることが大事なのです。

「M-3.5]と「P-3.4」が髪に良い理由

髪の毛は細胞で出来ており、細胞はタンパク質で出来ています。そのタンパク質はアミノ酸で出来ています。

そのアミノ酸はさまざまな分子で出来ています。分子は原子の集まりのことです。その原子は、電子(-)、中性子、陽子(+)で出来ています。すべての物質はこの電子、中性子陽子の集まりです。

髪の毛が傷んでいるということは、細かいレベルで見ると髪の毛を構成している一部の分子構造が壊れているという事です。分子構造が壊れる原因は、パーマやヘアカラーなどの薬剤による化学反応や、紫外線、水道水に含まれる塩素等、老化(生命活動)により電子が飛んでいってしまうからなんです。

そこに電子を補給してくれるのが「M-3.5」です。「P-3.4」はそれを安定させる働きがあります。

つまり「電子を補給して分子構造を出来るだけ元に戻し、髪の毛を出来るだけ健康な状態にする」というのが「M-3.5]と「P-3.4]なのです。

つまり、原子、分子同士の結びつきを強め、その構造強度を高めることによって、髪の毛を傷ませないようにするのです。

ご予約・お問合せはこちら

03-5936-9219

営業時間 9:00〜19:00

 カット・ヘアエステ・フェイシャルエステ受付   19:00まで

 パーマ・カラー・ボリュームエクステ受付    18:00まで


定休日:火曜日(その他定休日あり)

※万一、留守番電話につながった場合は、お名前とご用件をいれてください。折り返しご連絡いたします。

〒177-0032 東京都練馬区谷原5-23-7
(西武池袋線「石神井公園」駅より徒歩10分)